普現流空手道は名古屋を中心に空手道場を運営しています。

普現流空手道ロゴ

入会のご相談から稽古見学など、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

0568-27-6588

ryo8fugenryu@gmail.com


普現流空手道への入会案内

普現空手道の

初代宗家  加藤 忠昭

初代宗家より

普現流空手道が目指すのは、新渡戸稲造著「武士道」の精神を取り入れた人間形成です。
知識・教養を身につけ、物事の良し悪しを的確に判断できる人間を形成していくことに努めてまいります。「道場十訓」「流紋由来」「五省」を掲げ、品格のある空手道の普及を目指します。

二代目宗家  矢代 良

二代目宗家(代表)より

普現流では、「空手」を格闘技としてではなく「人間はいかに生きるかを知るための武道」としてとらえています。
お子様の心身の成長はもちろん、知識・教養にも重きをおき「物事の良し悪しを的確に判断する能力」「他人を思いやる大きな心」を育むことを目指し、日々の指導に取り組んでおります。
実際の稽古の場では、子どもたちが楽しく、そしてたくましく稽古に励んでいる姿があります。
小さな階段を一段ずつ上がって…
更なる向上への意欲に、私たち指導者は感動すら覚える時もあります。

稽古の見学や相談などは、いつでも行っています。いちど普現流に触れてみてください。
多くの方々に普現流を知っていただけたら幸せです。

基本

普現流空手道は、「道場十訓」「流紋由来」「五省」を基本理念とし、品格のある空手道の普及を行っています。

道場

道場十訓とは、普現流の行動の規範となるものです

章の由来

普現流の紋章(ロゴ)の由来について

(ごせい)

道場十訓とは、普現流の行動の規範となるものです

普現流の位・位について

級位:12級にはじまり1級まで  段位:初段にはじまり八段まで
 12・11級は各道場の師範が認定します。
 10級以上の級位、段位については、年2回(春季・秋季)開催される「昇段昇級審査会」
 に於いて、実技(基本・形・組手)の審査を行い、宗家により允許されます。